月別アーカイブ: 2011年9月

中国サッカーの没落にファンが怒り

>男子女子ともに予選で敗れロンドン五輪の出場権を逃したことに象徴されるが、底の見えない中国サッカーの「没落」に、ファンの怒りは高まっている。
http://news.livedoor.com/article/detail/5886437/

中国は昔そんなにサッカーは弱くなかったとおもうんですが、ここのところ、W杯予選にしても五輪予選にしてもあまり出てきませんね。ラモス・カズの時代には、日本にとっても難敵で、韓国や北朝鮮と方を並べて、東アジアの差はそんなになかったような気がします。それがここのところ、日本・韓国の進歩が目覚しく、中国はさらに他の中央アジアのチームにも及ばない気がします。日本に偵察に来るぐらいじゃ縮まらない差だとおもいますが、根本的に何かを変えないと変わらないかもしれません。”

楽天、有銘や草野も放出か?

>秋の足音が確実に聞こえてくるこの季節、同時に気になってしまうのは、星野楽天2年目の陣容なのです。
http://news.livedoor.com/article/detail/5873996/

この記事には、楽天で今年自由契約かトレードになる選手の一覧が書かれていますが、メジャー挑戦が噂されている岩隈投手のほかに、有銘選手や草野選手といったこれまでの楽天を支えてきた選手の名前もありました。有銘選手といえばストッパーとしてここ数年は活躍してきました。また草野選手は野村監督時代にバットコントロールは天才的と評価され首位打者争いに常に残ってきた選手です。今年は不振であるとはいえ、この2人まで放出するのは、なんだか意外です。”

ロンドン五輪予選のなでしこ、宮間に救われる

>2012年ロンドン五輪アジア最終予選(1日、日本女子3-0タイ女子、中国・済南)これほど渋いノリさんの顔は見たことがない。格下のタイに0-0のまま、後半15分が経過。佐々木監督は眉間に深いしわを寄せ、隣のコーチ陣に愚痴をこぼす。
http://www.sanspo.com/soccer/news/110902/scc1109020504000-n1.htm

過密日程ということで主力を休ませたなでしこジャパンでしたが、できれば宮間選手も休ませたかったところだったでしょう。しかし、まさかの前半0-0折り返しに監督も痺れを利かせたのでしょうね。しかし、後半に3点取れてよかったです。まさか宮間選手を投入しても得点を取れないまま終わってしまっていれば、取り返しのつかない戦いになったことは間違いありません。勝ててよかったと、本当におもいます。”