ダルビッシュ暗いこと考えていない

ダルビッシュ投手が暗いことを考えていないとコメントしたようです。ひじの靱帯断裂で、早くも今季絶望という診断が出ました。さらには靭帯の手術を受けることを決断したようで、

これではかつてのような投球に戻れるのかどうかはわからない状況にあります。まだそんなに勤続疲労という状態ではないと思うのですけど、体には負担がかかっていたのですね。背景には、アメリカの登板間隔の少なさがあるように思われます。

>今季中の登板は絶望となったが、会見したダルビッシュは「自分はポジティブな性格。暗いことは考えていない」と話した
ttp://news.livedoor.com/article/detail/9886976/