どうしてリバウンドが起こるのか

リバウンドと減量との間には、明確な関係性があります。

人の体には生体恒常性機能が組み込まれているため、減量によってリバウンドが起きやすくなります。

リバウンドが起きる背景にあるものを、ひもといてみましょう。

生体恒常性機能が、リバウンドと深く関わっています。

この機能は、人体の外部状況が変化を来した時に体を守るためのものです。

生体恒常性機能が働く条件の1つに、極端な食事制限や絶食など、カロリー摂取量が減ってエネルギー供給が途絶えることがあります。

食べる量を減らすことでダイエットを成功させようとしたものの、期待したほど体重に影響が出ないことがあります。

カロリー制限によるダイエットで、体脂肪が多くなってしまうという話もあります。

体脂肪増加の背景には、生体恒常性機能が少量の食事を効率よく体内に貯め込もうと活動しているという事実があります。

いくら低カロリーの物を食べても、痩せにくい体、リバウンドしやすい体質になってしまったと言う事です。

減量がうまくいかないのは、このような事情のためです。

一度リバウンドをしてしまうと、次にリバウンドをする度に基礎代謝が落ちて、太りやすい体質になると言われています。

減量に取り組む場合は、どうすればリバウンドが起きにくくなるかに配慮しながらダイエットプランを作りましょう。

大阪のヨガならLAVAがおすすめです